FC2ブログ

「しんあい清戸の里」を視察

全国的に「サービス付高齢者住宅」が増えていますが、市内でも開設する事業所が増えています。
今年8月に開所した「しんあい清戸の里」もその一つ。日本共産党市議団で視察させていただきました。

下清戸1丁目の「しんあい清戸の里」は、信愛病院(信愛報恩会)が開設。
サービス付高齢者住宅(サ高住)とグループホーム、複合型ケア、訪問看護ステーションが併設されています。

サ高住は医療や介護が必要になっても住み続けられることがポイントです。
 IMG_0698_convert_20150308080639.jpg
     広々とした居住者の共同スペース

しんあい清戸の里では、「終の住処」として看とりまで行う方針であることも説明を受けました。
しかし「住宅」ですから、視察に行った時間帯は、みなさんデイケアに行ったり、出かけたりと自由に過ごしていらっしゃる様子でした。
     IMG_0700_convert_20150308080700.jpg
       一人用の居室 外に広がるのどかな風景が開放的です

複合型ケアは通い・泊り・訪問サービスの一体的な利用が可能。清瀬で初の開設です。
グループホームは18人定員ですが、40人以上の申し込みがあったとのお話し。利用者の方々の明るい笑顔が印象的でした。認知症の方が増える中、ニーズの高さが伺えました。

清瀬でも特養ホームに入れず、待機となっている人は443人にも及びます。
サ高住はひとつの選択肢として貴重かもしれません。しかし利用料は高く、日頃寄せられる「国民年金で入れる特養を」の願いの実現は、やはり切実だと改めて感じました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード