FC2ブログ

駅南口地域に児童館を!

12月市議会には、清瀬駅南口地域に児童館を含む多目的施設を求める請願が、964人の署名とともに提出されました。福祉保健常任委員会では採択されましたが、本会議で不採択となりました。

宅地開発で人口が増えるなか、南口地域では子どもの安全な遊び場を求める声が多くなっています。
住宅街の道路で、座り込んで遊ぶ子どもたちの姿をよく見かけます。
公園も足りない、小学校低学年の子どもにとって、ころぽっくるまでは遠いという声も。
また高齢化のなか、誰もが気軽に集い地域の人々と交流できる場所も必要と実感してきました。

審議では、児童館と多目的施設の必要性について一致する意見が多く、市も「高齢化のなか公共施設へのニーズも変わって来ている」「貸し館業務というよりは、サロン的に気軽に集まれる場所を望む声もある」と答弁しました。
ただ新しく施設を設置することには否定的。財政的負担も大きいとして、自・公がこれに同調、不採択としました。

竹丘で発行している地域政治新聞「竹とんぼ」に寄せられた記事を転載します。

「私どもは、12月市議会に駅南口地域に児童館と多目的施設を設置してほしいと、署名962筆をそえて請願しました。署名に応えて下さった皆さん、ありがとうございました。
 11日の福祉保健常任委員会で審議されました。南口地域に公共施設が少ないことや、調理設備を備えているのが消費生活センターのみであることや、高齢者の健康維持のうえで“いつでも、誰でも徒歩で行け、楽しく交流できる施設が必要”などの意見交換がなされましたが、市側の「新しい施設を建てると維持・管理費がかかる」との方針が強く出され、委員会では何とか採択されましたが、18日の本会議では、自民クラブ、公明党所属の議員さんの反対で、否決になってしまいました。
 一方、市庁舎の建替えについては50億を超える費用をかけようと市は意欲的とか?「けやきホール」のような耐震大規模改修として、費用を半減し、市民が心から必要としている施設や、避難所になっている野塩地域市民センターなどの耐震化を推進してほしいものです。納得できない審議でした。」
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード