FC2ブログ

年金切り下げは不当!年金者組合が学習会

5月12日、竹丘地域市民センターで、年金者組合の学習会がありました。
この間、物価が下がっているとの理由で削られてきた年金。
高齢者の命綱であり、しかも食料品など生活必需品は、値段があがっているにも関わらず、年金を下げてきたのは不当だと、不服審査請求を集団で行ってきました。

しかし、その却下がいま次々と通知されているため、今度は裁判に訴える、集団訴訟をたたかおうとの提起。
年金者組合が全国的にとりくむ「年金引下げ違憲訴訟」です。
弁護団は全国で200人にものぼるそうです。

 FullSizeRender_201506070856102d0.jpg

以下、東京弁護団の加藤健次さんの素晴らしいよびかけ、紹介します。

1、「年金引下げ違憲訴訟」は、相次ぐ年金制度改悪に対する、初めての集団訴訟です。

2、この裁判は、年金制度だけでなく、医療・介護・生活保護の改悪など、人間らしい生活の保障よりも大企業の利益を最優先する今の政治のあり方そのものに対する異議申立てでもあります。

3、この裁判を通じて、年金減額に対する批判にとどまらず「最低保障年金制度」の確立などすべての人に安心して生活ができる老後を保障する「公的年金制度」のあるべき姿をおおいに議論する。

4、裁判の拠り所とするのは、個人の尊厳とそれを実現するための国の責任を宣言している憲法です。その意味で、この裁判は憲法を壊そうとする動きに対する「憲法再生」の運動です。

5、この裁判の勝利ためには、首都東京で多くの方が原告となって、年金制度改悪の下での生活実態や怒りを裁判官にぶつけ、社会に拡げていくことが重要です。ぜひ、ご一緒に、壮大な「世直し訴訟」にして行きましょう。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード