FC2ブログ

第7回東京地方自治研に参加しました

080615_103648_01.jpg


 今日、9時30分から明治大学リバティータワーでおこなわれた、第7回東京地方自治研究集会に参加して、地方自治を取り巻く課題と、活動経験の交流をしてきました。
 今回の研究集会のテーマは、「憲法が生きる東京を 」でした。

 基調報告では、都内では高収入をあげている人がいる一方で、収入の少ない人たちが急増して、貧富の格差が急増している実態が示されました。
 こうしたなか、史上空前の都税収入のもとで、オリンピックを口実にした大規模開発をすすめる石原都政をきびしく批判しました。
 そのうえで、福祉、医療、教育、雇用、中小企業、農業など、都政全般の現状と、これからの課題などが報告されました。

 記念講演は、渡辺治氏(一橋大学大学院教授)が「改憲・構造改革と東京都政」と題しておこないました。

 「改憲」と「構造改革」を強引に進めようとしたことに、国民の審判として参院選での自民大敗につながり、安倍前首相 が政権を放り出す結果になったと解明。

 後期高齢者医療制度への国民的怒りや、9条の会の急速な広がりなど、国民の運動が政治を動かす時代がやってきたと結びました。

 午後からは、18の分科会があり、17時近くまで熱心の討議がつづきました。

 大変はげまされる研究集会で、明日からまた元気に活動できる活力をもらいました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード