FC2ブログ

【6月議会一般質問 4】市が率先して温暖化防止の取り組みを

4、温暖化防止対策について
○市の二酸化炭素排出量について
【質問】
 4番目に温暖化防止対策について伺います。国連気候変動枠組条約のデ・ブア事務局長は、5月25日神戸市で、先進国が2020年までの温室効果ガス削減の中期計画を示す重要性を強調しました。2013年までの削減計画しか持っていない日本は、まず中期目標を明確にして、それを達成する政策や措置を定めて実行していくことが求められています。地方自治体としても温室効果ガスの削減に積極的に取り組む必要があり、先日の環境フェアは市民とともに取り組む企画として意義がありました。最初に市の取り組みについて質問します。事業所として市の07年度の二酸化炭素排出量を明らかにすることを求め、見解を伺います。

【回答】
 現在市の二酸化炭素排出量の全量については把握できていないが、2006年度、2007年度市が使用した「電気・ガス・ガソリン」の3項目での年間二酸化炭素排出量は、2006年度549,230kgCO₂、2007年度590,741 kgCO₂となり、7.5%増となっています。
 この要因は、気候、土曜窓口、情報機器の充実等によるもので、エネルギー消費の削減、ゴミの減量、資源の再利用、エコカーなどの導入により、温室効果ガス削減をめざしていきたいと考えています。

○行動計画の策定について
【質問】
 また、一事業所としての行動計画について、いつまでに策定するのか、二酸化炭素削減目標の明示、グリーン購入の計画、庁舎での自然エネルギーの活用など、盛り込むことを求め見解を伺います。

【回答】
 1999年4月に策定した「清瀬市エコアース計画」の見直しをおこない、二酸化炭素排出量などを明示したいと考えています。

○環境カレンダーについて
【質問】
 だれでもできる温暖化防止対策として、ゴミの排出量やエネルギーの使用量が記録でき、季節にあった取り組み、地元野菜の調理法などを掲載した「環境カレンダー」の作成を求めます。

【回答】
 毎月の電気・ガス・ガソリンなどのエネルギー使用量を記入することでエネルギー消費や二酸化炭素の排出量をチェック・削減することが可能なカレンダーは大変すばらしいと考えます。先進市のカレンダー使用状況も聞いており、今後検討していきたいと考えています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード