FC2ブログ

マイナンバーは中止を

プライバシー漏えいの危険は払拭できず マイナンバーは中止を

13日、共産党市議団は1月からの運用が迫るマイナンバー制度の学習会を開催、約80人が参加し、会場の商工会館は一杯になりました。
 IMG_0010.jpg

武蔵野法律事務所の池末彰郎弁護士が講演。
政府の導入目的は、国民の監視・管理が強められ、資産調査による税徴収強化や社会保障の給付削減にあると指摘。
今後、預貯金口座や特定健診など、マイナンバーを結びつける情報が広がり、情報漏えいの危険性は高まると指摘しました。

また身分証明書として推奨される「個人番号カード」は、提示するたびに番号漏えいの危険があり、役所など手続きでマイナンバーを記載しなくても、手続きや給付は受けられると強調、マイナンバーを使用するかどうかは個人の自由だと説明しました。

参加者からは、施設入所など自分で手続きできない場合や、行政がマイナンバーを必ず提示するよう広報する問題など活発に質問が出されました。
情報漏洩の危険性を払拭できないままのスタートは許されません。
今からでも中止をするべきだと、痛感させられる学習会でした。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード