FC2ブログ

清瀬小児病院の跡地について

 9月9日、東京都の福祉保健局が、清瀬小児病院の跡地における「社会福祉施設建て替え促進事業」の土地利用について、説明会を行いました。

小児病院の統廃合は2010年3月。
「何とか存続して」とかつてないほど運動が広がりましたが、廃止されました。
その後、都が跡地活用を検討し、約半分を水道施設に、残りを都内福祉施設の建て替えのための仮施設を建設することが示されてきました。

IMG00393.jpg
         広大な小児病院の跡地。貴重なアカマツや桜の群生も(写真は2013年撮影)

説明会では、福祉施設が建て替えを行う間、転先として利用する代替施設を都が建設すること。
建物は2棟で、特別養護老人ホーム(120人)、障害者支援施設(96人)。
一施設の利用は約3年間で、全体では20年から30年間の活用となる見込みであること。
出入り口は西側、小児病院入口だった東側からは、アカマツなど緑地を散策できるようにするとの説明もありました。

FullSizeRender-16_20160918024524c8f.jpg
          説明会で配布された資料より
           ※「代替施設イメージ」の図の場所には、水道施設が別途、建設されます

工事の説明会は別途10月か11月が予定されています。
工事着工は、来年2017年11月頃〜2019年1月頃まで。施設貸し出しは、2019年4月〜。

参加者は30人ほどで、工事の安全対策や施設職員を含めた利用人数、緑地保全など質問が。
私はかねてから懸案の、駅南口地域への児童館を実現できるよう、施設の一部を子どもや地域住民が利用できるよう、要望しました。
清瀬市長にも都との協議を求めています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード