FC2ブログ

木造住宅の耐震化助成の充実を!

9月1日から始まった清瀬市議会第3回定例会に、地元の建設などの業者で作る東京土建と民主商工会が、木造住宅の耐震化促進を求めて「助成制度の充実を」と陳情を提出しています。

活断層による直下地震の凄まじさを突きつけた熊本地震。命を守る対策として木造住宅の耐震化が重要です。
東京土建と民商は、ボランティアで熊本を訪れ、被害の実態を目の当たりにした経験から、行政が責任を持って木造住宅の耐震化を促すことが必要であり、清瀬市の耐震診断や耐震改修の助成制度を充実するべきだと強調しています。

清瀬市は2008年から耐震診断費用の一部助成を始め、2013年から耐震改修の助成もスタート。
これまで助成件数は診断が23件、改修はわずか2件に留まっています。
改修費用の助成額が、工事費の三分の一・上限30万円と、実績の多い他市と比較して少ないことが要因の一つとなっています。

審議される建設環境常任委員会は、13日(10時〜)です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード