スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請願・陳情をすべて不採択 自民・公明

3月市議会には、市民の願いに基づいた重要な請願・陳情が提出されましたが、自民・公明などが反対し、すべて不採択となりました。

請願は、福島原発事故から丸6年を迎えるなか、県民の健康調査の縮小を示唆する動きに反対し、継続を求める内容です。

陳情では、給食費の軽減やコミプラひまわりへのバス乗り入れ、障害者医療費助成に精神障害を対象とすること、共謀罪反対の意見書提出を求める内容が提出されました。

いずれも市民の切実な要求ですが、市の財政的な負担や実現の難しさなどを理由に自公などが反対しました。

市長「私は調べていない」と居直り
共謀罪反対の陳情では、その危険性を指摘した共産党の質疑に対し、市長は「国政のことは連立を組む公明党を全面的に信頼している。しっかりチェックされると思うので、私は調べていない」などと異常な答弁を行い、傍聴席から驚きの声が上がりました。

また日本共産党が提案した意見書案も、すべて否決される結果となりました。
転落事故が相次ぐ駅へ、ホームドア設置を急ぐための対応を求める意見書や、都営住宅の新規建設を求める意見書、異常な長時間労働を規制するよう求める意見書など5本を提出。
党派を超えて一致できるよう内容も精査してきましたが、市民の願いに背を向ける姿勢には、怒りを感じます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。