FC2ブログ

何でも話し合う松山のつどい

     1211446808.jpg


 18日午後、松山集会所で日本共産党清富士支部・畠山まこと事務所の主催で、「どうする日本 何でも話し合う松山のつどい」をおこない、14人が集まりました。

 参加した人からは、日々の暮らしで感じている意見をいただきました。

「清瀬小児病院を守るためにはどうすればよいのか」

「買い物をすると、中身が減っていたり値上げになって、本当に大変。その上消費税の増税の話があるがとんでもない」

「お金がかかるから皮膚科に行くことを遠慮している」

「老人に課税が重くなってきた。その上、後期高齢者医療制度で負担が増えている。こんな世の中だからがんばって生きてやろうと思っている」

「戦争は嫌い。人を殺すことが戦争で、いやな思い出しかない」

「派遣やパートが増えて働かせ方がおかしい。若い人たちの生活に未来や希望が持てなくなってきている」

 このような意見がでてくるのは、大企業優先、アメリカ言いなりの政治を自公政権がおこなっているために、国民に貧困と不安が広がっている証です。

 一刻も早く自公政権を解散・総選挙に追い込んで、悪政をただす日本共産党の国会議員を増やすことが必要です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード