FC2ブログ

介護保険 もやは国家的詐欺の状態

日本共産党市議団は、今年度の介護保険特別会計予算に反対しました。
「総合事業」の導入が、介護保険制度を変質させていく改悪であり、容認できないとの立場からです。

介護保険の「保険あって介護なし」という実態は、いま国家的詐欺ともいうべき状況です。
3年計画見直しのたびに保険料は上がり、2015年には一部の所得や預貯金のある人に利用料2割負担を導入、施設入所者の食費・居住費補助を打ち切りました。待機が多い特養への入所も制限しています。

負担増に耐えきれず施設を退所したり、必要な支援も諦めて家族介護に逆戻りする実態が広がる中、今度は要支援の人々を保険からはずす「総合事業」を導入。
自治体の地域支援事業へ移行させるものですが、必要な介護費用を確保する保険給付と違い、地域支援事業は予算に上限があり、支援は安上がりの住民主体へ…。
介護保険とは何か、問われる事態です。

来年は介護保険料の改定の年にもなります。さらなる負担増が懸念されます。
「保険あって介護なし」の実態を告発しながら、支援の後退を許さないよう、今後も取り組みます。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード