FC2ブログ

新入学の春を泣かせない 就学援助制度で前進!

ようやく春を感じる暖かな日が増えてきました。
まもなく迎える卒業と入学の時期。新たな生活を迎えるための準備に忙しい方もいらっしゃるかもしれません。
私も新たな気持ちで、4月を迎えたいと思います。

 就学援助制度で前進
小学生・中学生の保護者の皆さんにとって頭が痛いのは、入学準備に必要な負担だと思います。
今年から、就学援助制度の利用者にとって嬉しい改善がありました。 
 
「入学準備金」が入学前の2〜3月に支給されることになったのです。
小学生ならランドセルや体操服等々で約6万円、中学生なら制服(夏・冬)や体操着、かばんなど約8万円がかかります。
この一部ではありますが、小学生(4万600円)、中学生(4万7400円)が入学前に支給されます。
この金額も、昨年から倍増されました。

長年にわたって、保護者や教職員の皆さん、新日本婦人の会など市民団体の皆さんが求めてきたことで、日本共産党も国会・地方議会で追及を重ね、いま全国でこうした動きが広がっています。
経済的な格差が、教育を受ける権利を左右することがないように、「教育は無償」を実現していくための大事な一歩です。

3月議会はじまる
その他にも、暮らしを支えるための対策を求めて、3月1日から始まった市議会で質問します。
今回は、4月から値上げとなる公共施設使用料について、減免制度を設ける条例提案と、国民健康保険税の値上げに伴い、子どもへの負担軽減などを追加する条例提案を行います。
市民の皆さんの声や実態を届け、積極的に提案し、実現へ一歩でも二歩でも前進できるよう、頑張ります。
                              (地域政治新聞より転載)
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード