FC2ブログ

くらしの支援策を求めて予算組み替えを提案

卒業シーズンを迎えました。
毎年、地域の小中学校の卒業式・入学式に参加していますが、子どもたちのまっすぐな瞳にいつも背中を正される思いです。

特にいま、森友学園との国有地取引に関する公文書を、財務省が改ざんしていたという前代未聞の事態が起きています。
国民の知的共有財産である公文書を改ざんすることは、主権者国民を欺く犯罪です。
この政治が子どもたちの瞳にどう映っているのか…そう考えると一日も早く安倍政権を終わらせなければと痛感します。

   IMG_6257.jpg
    (安倍政権による憲法9条の改悪はNO!
         3000万署名を集めています。ご協力、よろしくお願いいたします)

くらしの支援策求めて、予算の組み替えを提案
3月の清瀬市議会で、日本共産党として予算に対する組み替えを提案しました。
新年度も、市役所の建替えに向け3億円もの公共施設整備基金の積立てが。
残高はすでに25億円にものぼっています。

その一方で、国保税や介護保険料の値上げ、市立第6保育園の廃園、いざという時の緊急福祉資金の廃止(10月から)まで。
市役所建替えのための急激な積立てが、市民生活にしわ寄せをもたらしていることは明らかです。

組み替え案では、3億円の積立てをやめ、くらしの支援策の財源とするよう提案しました。

いま国は市役所の耐震化へ借金の3割は国が負担する方針を示しています。
この制度活用で、基金の積立ては必要ありません。

支援策には、介護保険料の非課税者の据え置き、第6保育園の存続、学童クラブへの正規職員の配置、福祉資金の継続、木造住宅の耐震化への助成拡充、ニンニンスタンプの継続など14項目を求めました。

また、4月から値上げの公共施設使用料の減免制度や、国保税を子どものいる世帯と低所得世帯へ減免する条例も提案しました。
今後も実現へがんばります。
           (地域政治新聞より転載)
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード