FC2ブログ

学童クラブ 芝山小で定員増

学童クラブ 芝山小で定員増 さらなる定員増の計画を
児童福祉法において、学童クラブの対象は小学6年生までと明記されました。
これを受け、清瀬でも条例を改正し、今年度から4年生以上も申し込みが可能になりました。
それに伴い、4月から芝山小学校では学童クラブを増設し、定員を増やす前進がありました。

しかし、他の学童クラブの定員は増えておらず、低学年優先のため、4年生以上の申込者104人中、入所はわずか18人。
低学年でも18人が待機児となっており、定員の抜本増が必要です。

 「子ども子育て支援事業計画」では、定員より需要見込みが多く、待機児は解消できない計画に。
市は学童の増設について「学校施設内への配置」を方針としていますが、空き教室の余裕がなければ不可能です。
校舎内に限らず、近隣での増設も検討し、子どもたちの豊かな放課後を保障することが大切です。


清瀬の子どもたちの生活は…子どもの貧困対策調査 実施へ
 市は今年度、小学5年生と中学2年生を対象に、貧困対策調査を行います。
いま日本では、子どもの6人に一人が貧困状態にあるとされ、特にひとり親家庭の貧困率は50%を超えます。
対策は待ったなしです。

16年度、東京都が豊島・墨田・調布・日野の4自治体で行った子どもの「生活実態調査」では、子どもの2割が生活困難の状態にあるという結果に。
「必要な食料を買えなかった」「電気や水道料金を滞納」「毎日野菜を食べない」などの実態や、経済状況により虫歯の本数や自己肯定感に影響もみられます。

共産党は、清瀬市でも調査を行い、必要な支援策の具体化を求めてきました。
市内で広がる子ども食堂や学習支援など、子どもの居場所づくりへの支援や、就学援助制度の拡充、給付制奨学金の制度創設などが必要です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード