FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産提案の意見書、すべて否決

議会には、議員が提出する議案として、意見書があります。
清瀬市議会として、政府と省庁、東京都などに対して、意見を表明することができる、とても重要なものです。
しかし清瀬市議会では、定数20人の中、自民と公明が10人(議長除く)と過半数を占めているため、なかなか可決できません。
それも「10対9」という一票差で、否決、という議案が増えています。

9月議会では、意見書案6件を共産党として提案。またも自民・公明などが反対してすべて否決となりました。
ただ、今議会は自民クラブの議員が一人欠席したため、5件の意見書で賛否が可否同数に。
この場合は、議長裁決となりますが、残念ながら議長(公明)がすべて反対しました。

提案した意見書は、
①核兵器禁止条約の日本政府の署名と批准を求める意見書
②国内法の米軍適用など日米地域協定の見直しを求める意見書
③安全・安心を揺るがす水道事業の民営化に反対する意見書
④生活保護世帯へのエアコン設置補助の拡大と夏季加算の創設を求める意見書
⑤児童虐待ゼロへ児童福祉司など体制強化を求める意見書
⑥豊洲市場の「安全宣言」及び農水大臣の認可の撤回を求める意見書

いずれも国民世論が高く緊急性もあると考え、党派を超えて求めるべき内容と考えました。
特に日米地位協定の抜本見直しは、米軍による事件・事故やオスプレイ配備が進む中、国内法を米軍に適用するべきだと、全国知事会が全会一致で決議しています。
こうした内容にも反対する自民・公明の姿勢を、皆さんはどう思われますか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。