FC2ブログ

くらしの中で憲法25条を生かそう

     080627_生存権裁判


 27日、清瀬駅北口で「生存権裁判」を支援する宣伝・募金活動に参加しました。

 「生存権裁判」は、70歳以上の生活保護受給者に支給されていた「老齢加算」が2006年に全廃したことが、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を定めた憲法25条に違反するものとして争われています。

 政府は、老齢加算の廃止をはじめ、ひとり親世帯に支給されていた母子加算についても08年度末で廃止を予定し、生活扶助基準そのものの切り下げをおこなおうとしています。

 26日、東京地裁は、老齢加算の廃止は憲法違反にはあたらないと、不当判決を出しました。

 この判決は、貧困と格差が拡大し、生活扶助基準以下で生活をしなければならない人たちが増えているときに、この状態にあわせて生活扶助基準を切り下げ、貧困を一層拡大しようとしている政府の政策を容認するものです。

 原告団は、控訴する方針でわたしもこれからも支援をつづけ、憲法25条が暮らしにしっかり生かした社会を実現したいと強く思っています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード