FC2ブログ

貧困ひろげる政治の転換を 久米川で演説会

23日、夕方から久米川駅において、日本共産党の街頭演説会がありました。
猛暑がつづくなか、足を止めて聞いていただいたみなさんに感謝します。

訴えは、日本共産党の東京20区国政相談室長の、池田 真理子さんと、
党政策委員長である、小池 晃 参議院議員でした。

IMG_1910.gif

いつ解散・総選挙があってもおかしくないほど、政治は混迷をきわめている、と切り出した小池さんは、この間の派遣労働のひどい実態を告発し、キャノンなど大手企業が直接雇用に切り替えてきたことを報告、「大企業が人を部品のように扱い、使い捨てる、いのちを粗末にするような社会を変えよう」と訴えました。

また、物価高で大変なくらしを強いられる中で
「福田さんは、消費税の増税を言い始めた。国民が苦しんでいるときに、消費税増税を口にするだけで、首相失格ではありませんか」

「大企業は一円も負担しない消費税を、社会保障の財源に使うなど、許せません。
大企業の税負担を増やすと海外に逃げるというが、ヨーロッパでは、日本の大企業は、約2倍の税金を払って立派に仕事をしている。
負担能力はあります。
負担能力がなく、海外にも逃げられない庶民から、税金をかき集めるのは、政治のやることではありません」と。
駅前にあつまった人々からは、「自分の言いたいことを言ってくれた」とばかりに拍手が起こりました。

今度の総選挙は、政治の中身をどう変えるのか、問われます。
自民党と民主党は、「総選挙までは、連立の話はしない」
 ・・・「でも、総選挙の後は、避けられない」

別々の「木」に見えても、地下では「根」がしっかりとつながっている2大政党の姿を示しています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード