FC2ブログ

9月議会・一般質問

 9日~11日に一般質問がおこなわれ、わたし(畠山)は10日に質問しました。質問の概要は以下のとおりでした。


1、2009年度予算編成について

○国の予算編成について
【質問】 福田政権は社会保障費の削減を継続する立場で「骨太方針」が打ち出し、そして厚労省の概算要求がまとめられた。この削減路線が、今日の医療崩壊を招いたと日本医師会などは方針転換を求めている。社会保障費の削減に反対するべき。市長の見解を求める。
【回答】 個人所得が伸びておらず、大変な状況にはある。財源の確保をどうするのかという問題はあるが、社会保障費の削減が見直しされるのであれば望ましい。

○都の予算編成について
【質問】 都の福祉関係予算は全国最低レベルに。高額所得者がいる一方、低所得、高齢者の増加で、福祉の充実が必要。開発型から福祉優先にあらためることが必要。市長の見解を求める。
【回答】 市長会として7月28日に東京都に予算要望をしている。子育て支援や高齢者、障害者施策などの充実も求めている。

2、温暖化対策について

○事業所としての市の取り組みについて
【質問】 6月議会で「電気・ガス・ガソリン」の3項目で06・07年度での二酸化炭素排出量を示したことは評価するが、全量について把握して市民に公開することを求める。
【回答】 温室効果ガス削減のため、都と26誌が同じ算出項目、条件、係数を用いて算出することを事務レベルで検討している。もう少し時間がかかります。「行動計画」策定も検討したい。

○バイオディーゼル燃料について
【質問】 廃食用油を回収してBDFの精製と庁用車での活用を求める
【回答】 バイオディーゼル燃料は、二酸化炭素、硫黄酸化物、黒鉛が大幅に削減でき、環境にやさしい燃料として注目されている。細部について検討させていただく。

3、地産地消について

○農産物自由化について
【質問】 農産物のさらなる貿易自由化をすすめようとしたWTOドーハラウンドが決裂した。自由貿易一辺倒の考え方が、日本や世界の農業の衰退や、世界の食糧危機をおこした。農業振興・食料自給率の向上について見解を求める。
【回答】日本に対して、コメをはじめとする関税の引き下げを求められましたが、自給率向上のため各種農業施策の推進は重要課題と考えています。

○直売マップについて
【質問】 市民や近隣自治体の住民に軒先販売を知らせるため、主な農産物の販売時期や販売場所を記載した「直売マップ」の作成を求める。
【回答】 今後関係者と協議し作成していきたい。

4、教職員について

○健康管理について
【質問】 在職死亡者、病気休職者の推移について答弁を求める。
【回答】 在職死亡者は、最近10年間ありません。病気休職者は、05年度3人、06年度5人、07年度3人、本年度は現在2人が休職中です。
 定期健診など教員個々の勤務状況や精神状態を把握しながら支援するよう校長会などをとおして指導しています。

○労働条件について
【質問】 厚労省の示している基準では、健康障害防止のための時間外労働時間は45時間以下、過労死ラインの時間外労働時間は月80時間以上となっているが、市内の教職員の居残り残業時間、持ち帰り残業の実態について伺う。
【質問】 時期などで異なりますが、平均ではおおむね1時間程度残業している教員が約35%、2時間程度の教員は約35%、それ以上の教員が20%、また10%程度の教員は定時で退勤しています。ほぼ全員が仕事を持ち帰っています。
 教員が子どもたちと向きあえる時間を多くとれるよう様々な事業を活用しながら教員の負担軽減を考えていきたい。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード